ヤシカ35MF

神様がいます

 ヤシカ35MFについては2年ぶり、2回目の登場です。
 いわゆるリニューアルオープンって言うヤツですね。
 一度ご紹介したカメラをなぜ二度にわたって手を変え、品を替え、執拗にやるかと言うとですね、とにかく皆さんにこれを強くお薦めしたい!
 ダマされたと思ってぜひ、一度お使いただきたい!決して損はさせませんから。
 もう、すでにお使いの方は「ウンだ・ウンだ、オマエの言わんとすることはよ〜ぐ分かるチャ、この際だ、想いのタケを存分にぶじまけレ!」とご理解いただけますよね。

 ヤシカの歴史は大ヒットカメラ・エレクトロシリーズの開発で精も魂も使い果たし、そこで終焉したと思われてもしょうがないほど、エレクトロというカメラは最上の傑作品であったことは世界中の誰もが認める事実です。
 本来であればこの大ヒットシリーズをもっと引っ張りたかったのかも知れませんが、人の人生同様、会社の進路にもいろいろな紆余曲折を避けて通ることは出来ません。
 エレクトロシリーズの最終型になったGXは1975年に誕生したのですが、その前年に日本の、いや世界のカメラ業界にとってトンでもない事態が勃発しちゃったんですね。
 そうです「コニカC35EFピッカリコニカ」が世に出てきたんですヨ。
 ゾーンフォーカスで大まかな距離さえ合わせりゃ昼でも夜でもキレイな写真がビシィ〜ッと撮れちゃう!それまでの写真機の概念を根底からひっくり返した画期的なカメラです。
 その証拠に、20世紀の偉大なる発明品ということで、大英博物館にも展示されているらしいのです。私は現認しているわけではないので、伝聞話ですがね。

 そもそもコニカは、それまでのC35ですら、小さな割によく写るということで、かなり売れたカメラでしたが、それを更に撮影条件の制約を一切、取り払っちゃたわけですから、鬼に金棒!井上順さんのTVCFに乗って発売早々売り上げNo.1のカメラにのし上がっちゃった。
 こうなっては、幾ら大口径ダブルガウスを武器にして「ローソク1本で」を経文のごとく唱えたところで勝ち目を拾うには無理な相談です。ほの暗い室内でたとえ絞りを開放にしても1/30秒以下まで速度が落ちては、万人向けとは言い難いですね。
 それに引き替えピッカリコニカはフラッシュ内蔵というそれまでに無かった新兵器とフルオート露出と言う武器を与えられたことにより勝負はあっけなく着いてしまいました。

 この事態にライバル各社は一斉に追撃を開始するのですが、ヤシカが送り込んだ刺客がコレ「ヤシカ35MF」。
 レンズはコニカにピッタリ照準を合わせるようにまったく同仕様の38mm/f2.8のテッサータイプ。
 そのほかは、シャッターがC35EFは1/60と1/125秒の2速を露出によって自動選別する方式ですが、ヤシカの方はもっと頑張っていて1/60から1/250秒を無段階に変化できるようにしてあります。
 価格もEFが31,800円、MFが31,000とぴったりマーク。
 ピッカリコニカの性能に関しては、誰もが文句の付けようがないほど、しっかりしたものであることは周知の事実ですが、このMFは、ただしっかり写ればいいだけのカメラに終わっていなのです。
 
 ココです、ココなんです、私がクドクドやっている理由は。

 ヤシカにはナンと言ってもエレクトロという神様が存在していた。この全能の神の力は偉大で、たとえ安価な大衆機を計画するにも彼が睨みを利かせている以上は、その影響をどうしても引きずっていくことになります。
 ヤシカが狙ったであろうエレクトロからの買い替えユーザーにしたって、エレクトロの万全の写りを熟知しているわけですから、彼らを満足させるものでなくてはならないわけです。
 この35MFに載せてある3群4枚のレンズは、ヌケの良さと尖鋭度はライバルと大差ないのですが、このヤシカレンズは階調をとても大切に扱ってくれています。
 そのせいで、画面には言うに言われぬ艶めかしいほどのしっとり感が生まれ、豊饒な描写をしてくれるんです。
 特にお薦めなのが夕暮れ時からのアベイラブル撮影。絞りは当然開放(ファインダー右側に測定した絞り値が常に表示されています)になってしまいますが、このレンズ、タダ者ではありません、開放でも十分にいいお仕事をしてくれます。この感触をぜひ味わっていただきたくて、クドクドとなってしまったわけです。

 前回の登場では、このカメラの姿・形について褒めちぎってばかりいたのですが、もうその必要はなさそうです。ピッカリコニカにしろフラッシュフジカにしろ、はたまたスタイルには絶対の自信を持っていると思われるハイマチックSにしたって、このMFのデザインを前にしては裸足で逃げ出すとは間違いありません。
 ソフトで高級な感触のレザーで包まれたボディに黒の艶消し塗装を施されたトップカバー、そして程良い大きさで表示されたヤシカ伝統のロゴと、どれを取っても品の良い高級感が漂います。ただし、ペカペカとした安っぽい光沢を放つ鏡胴だけは今回も見なかったことにして下さい。

 前回の作例では、すべて夜にカラーで撮したものを掲載したのですが、今回もダメ押しで、またまた夜に拘らせていただきました。
 トーン(web上では限界があるのですが)に注視していただきたかったので、今回はすべてモノクロ、ほとんどが絞り開放の作例です、ご覧ください。

2004.5.12


Yashica 35MFでの作例です

以下の写真は、NEOPAN PRESTOをエヌエヌシー社のND-76で標準現像処理。
Nikon Coolscan IVでネガフィルムを直接スキャニングした画像です。

1

2

3

4

5

6

7

一覧に戻る