オリンパス35SPレストア



やっぱりキモチが悪いわ
(オリンパス35SPの距離計がずれている)

もう1年くらい経ってしまったでしょうか、写真機仲間の「トムさん」から頂いたこのオリンパス・35SP、
まったく安定したシャープな写りでお気に入りの一台なのであります。

しかし、しかし、距離計の二重像が縦ズレするという
ファインダーに少し問題を抱えている個体でありまして・・・・。
が、あのレストアのカミサマ・トムさんからご下賜いただきましたカメラなので
ボクごときのへなちょこが手を入れるというのは大きな抵抗があり「気持ち悪い」と
思いつつもガマンして使っていたのですが、カメラを縦位置で構えると
どこにピンが来ているのかとっても分かりにくいのです。


↑これはやや後ピンになっちゃいました
この際はやっぱりちゃんとしてあげなくちゃと思い直し
ファインダーの縦ズレを直すことにいたしました。


まずは定石通りに巻き上げレバーと巻き戻しノブを取っ払います。
ネジ方向は両方共に順ネジです。
これでもうトップカバーは外せられます、
ほかにネジは一つもありませんよ、簡単ですね。
余談ですが、このトップカバーのことをよく「軍艦部」って言う人がいますが
あれはへんな言い方ですよねぇ、これのどこが軍艦なのかしら・・・?
軍事関係用語はどうも性に合いません。


こんな感じで外れます。ホットシューのリード線は邪魔っちゃぁ邪魔なのですが
調整ネジをちょこちょこするだけなので、このように繋げたまま作業しましょう。
しかし、この距離計部を覆っている無反射紙は取り剥がします。

接着剤で軽く止めてありますから容易に剥がれます。

上の写真、青○で示したネジは「横ズレ」用です。
二重像の横がピッタリ合っている場合はコレを廻してはいけません。
では、縦ズレ調整用はというと多くの場合、可動ミラー(上の写真の「横ズレ」という白文字の下にある)
の下部に付いているのですが、このミラーにはどこを探しても
そのネジが見あたりません????
で、仕方なくweb情報を頼ろうと幾つかのコンテンツを見させてもらいました。
すると、



オリンパスSPに関する距離計調整の記事はほとんどありません。
たまに見つけても「このカメラは縦ズレ調整が出来ない」なんて
「ホントかよ!」なことが書いてあるページもあったりして・・・・!


さて、困りました、二重像の調整が出来ないなんてそんなことがあるわけありません。
それじゃぁ組み立てるときにどうやってどんピシャに合わせて出来上がるのか・・・・
必ず調整できる装置は付いているはずです、
そこで一晩アッチいじったりコッチを廻したりした結果、ようやく見つけました。
ありました、ありました、コレです(↓)、このファインダーブロックの
中間に縦に付いているレンズにへばりついています。
このギザギザした小さなワッカが「縦ズレ調整用」の部品になっていました。
この部品はどう見てもネジには見えなかったので怪しいとは思いつつも
動かしてはみなかったのです。しかし、最後の最後になって
もう弄くれるパーツはこれしかないと、壊してしまうのを覚悟で
先細ペンチで廻したら微かに動いた!
で、急いでズレの具合を比べてみると
さらにひどくなっている。
ということは逆に廻せば正解となるわけで、これでうまく一致させることができました。


おぉ〜、やっぱりファインダーの中の二重像がピッタリ合っているとキモチがいいですね。
それになにより撮影後の安心感が倍増します、みなさまがお持ちの古い写真機で
もし、距離計にズレが生じていましたらほんの少しの面倒で解決しますので
ぜひ、調整を試みて下さいませ。

2009.12.6

 

トップに戻る  一覧へ戻る