断肉から二ケ月

一切の動物肉を喰らうことを止めにしてからほぼ2ヶ月が経った。
このことで相変らず困っているのは、昼メシ外食事のお店選び。
まぁ〜、世の中には野菜と穀類だけで食事を済ませようとするとホントに選択肢が狭くなる。
ひと昔前は、たいてい駅前あたりに学生・独身者向けの「定食屋さん」が1、2軒はあって
ご飯にみそ汁、漬け物に納豆とコロッケという定番が頂けたものだが
近ごろは、その定食屋さんが壊滅状態でなかなか見つからない。
唯一の救いの神が日本そば屋さんで、この2ヶ月にのれんをくぐった
そば屋さんの回数は十指では足りない。

さて、そんなランチ事情を抱えているわたしですが、先般、夕食時に対面した家人から
「あらっ、髪など染めちゃって・・・どなたに見せるおつもり!?」と。
「えっ、えっ、なんの話しよ???」
「そんなに黒くして・・・髪の毛染めたんでしょ?」
家人は、わたしの髪の毛が黒くなっているじゃないかと言うのだ。
それにしてもトゲのある言い方をしやがるものだ。
どなたに見せるつもりって、ドキッとするじゃないか!
これから晩飯を食おうという矢先に、まったくも〜・・・
ボクは、面識のある方はご存知の通り、服装やヘアースタイルなどは
まったく無頓着な野暮天で、いわゆる自分を着飾るようなことにはまるで興味が無い。
いわんや、髪の毛を染めるなどということは一度もしたことがない。
男というのは、いやボクに限ったことかもしれないが
鏡を見て自分を観察するなどということをまるでしない。
まぁ〜、朝のひげ剃りのときに剃っている部分だけを見ている程度のもの。

で、言われて鏡に向かってみたが、確かに以前より黒さが増しているような気がする。
自分で言うのもヘンだが、ボクが自覚している白髪率は現状50%くらいで
遠目に見ると完全にグレーになって見えていた。
しかし、この度、家人に言われてしげしげ観察したが、見た感じは
白髪率30%、いや見ようによっては20%くらいの感じになっている。
一応、先ほど自分撮りした写真を添付してみますが、グレーというより遠目には黒に近いかも・・・
これなら、「染めたの?」疑惑を受けても仕方がないか。
しかし、ホントにヘアカラーなどまったくしていない。
ちなみに入浴の際、シモノケも観察してみてみたが、マダラにあった白髪がまったく消えていた。
じつはコッチの方がうれしいね。
はたして、これが断肉と必ずしも関係があるとは思えないが、
一ケ月目に既報の排泄のこと・睡眠のこととあわせて今のボクのカラダに起きた
次なる「変化」であることは間違いない。
しかし、さすがに寄る年波による肌の萎れ方は年齢を隠せないわなぁ〜!

2013.11.11

 一覧へ戻る

 

無料CGIレンタル-NSF