ポップなHello!

今日のジャンク箱にはこんなのが放り込んでありました。
一つは数年前に流行ったシリコンゴム腕輪の時計「Hello」。
4個ともすべて液晶画面が無表示。
たぶん電池切れだろうと判断してGET、4個で180円
なり!
もう一つが、なんと若い人に人気のMUSKが105円という実に怪しい物件。
これは十中八九完璧な不動品だろう・・・
動かなくてもベルトくらいは転用出来るなと踏んで、これもGET。

↓ で、まずは「Hello」の方から。
まずは電池交換するためにシリコンの環から時計本体を外しましょ。
シリコン素材は激しく伸び縮みさせてもちぎれたり形状が変化したりしませんね、スゴい素材だわ!

↓ 四方のビスを緩めて本体を割ると電池室が現われます。
上に被さっている真鍮製の+電極を静かに持ち上げれば電池が現われます。


↑ 超小型のボディなので、もしかしたら高価な特殊電池かと心配したのですが、
使用電池はダイソーでも買える「SR626SW」でした。これで高級高価な「SR521SW」とが
装填されていたらガッカリです、せっかく1個が45円の時計なのに電池が1個400円では
やりきれませんもんね。



↑ 新品の電池を装填したらすべて液晶がクリアーにこの表示になって点滅し始めました!
やっぱり単純に電池切れだったようです。
さて、セットですがいろいろいじってみたら要領が分かってきました。
1のボタンが数進用です。で、2の方がモードセット及び数値セット用でした。



↑ まずは2ボタンを2回押して日付モードにします。
1を押し続けて日にちが今日を示したら2ボタンを1回押してセット。

↑ 次にもう1度2ボタンを2回押して時刻設定モードへ。
時刻を1ボタンで合せます、終了したらまた2ボタンでセット。
これで完了です。

↑ この時計、日付と時間を三秒ごとに切り替表示してくれるスグレもの。
小ちゃくてもクォーツデジタルなので日差・時差はまったくナシ!
実に正確に時を刻んでくれる。
質量がオール込でたった10グラムしかないので、まるで装着がなくてじつに快適です。
これとまったく同形状のパチモンが100均のダイソーでも売っていますが
そちらは時刻表時だけで日付表示は出ませんね。

「MUSK」の方はこちらへ


2013.4.28

トップに戻る  一覧へ戻る