Pentax SPF

「巨人の星」の飛馬のごとく

 これはペンタックスであります。エスピーエフであります。
 プラクチカマウントでもあります。即ち基本ということであります。
 新旧いろいろなカメラと日々接していると、やれEEだ、こちらはフルマニュアルだ、はたまた動体予測AFだと、小生ごときの頭脳では甚だ混乱することが往々にして生じる今日この頃であります。
 カメラを持ち替えるごとにその都度その都度、頭の中の引き出しに仕舞ってある取説を引っぱり出しながらカメラと格闘する始末で、あげくにカメラを使っているのではなく、完全にカメラに使われている格好で、なんとも情けないのであります。
 これではいけない。そうだ、ここは一つ基本に立ち返ろう、物事やはり基本が大切だ。
 松井だって清原だってスランプの長ーいトンネルを抜け出てきたときには、必ず基本に立ち返っているはずだ、とこの50歳をとうに過ぎたおとーさんは飛馬のごとく奮い立ったのでありました。
 そこでかつての、いや現在に於いてもなお全世界的なスタンダードカメラ、基本中の基本、アサヒペンタックスの登場ということになった訳であります。
 おいおいそれは違うだろう、基本は誰が何と言おうとM3だろう、いやいやニコンFでしょうとお思いの諸兄に於いては、ご異論もございましょうが当方としましてはご両家のごとき超高級品は、貴金属の範疇に入ってしまい、とても写真機として使い倒すようなことは恐れ多くて出来ませんので、ここはどうしても庶民の味方ペンタックスの登場ということになるわけです。
 本来であれば、正統・正道のSPを選ばなければ基本道は貫けないと思いつつ、開放測光だけは何とか与えて欲しいと、ここでもまた初心貫けず腰砕けになってしまうおとーさんでありました。

 このカメラ、30年前の発売当初はいざ知らず、いま改めて見て格好がよいと思う人はほとんどいないでしょう。さりとて不格好だと批判する人もそうは多くないでしょう。
 ミランダやトプコンのように個性的ではないし、かといってキヤノンやミノルタのようにちょっとお洒落に洗練された形態でもない。高等学校写真部あるいは縄文遺跡発掘調査団的なニオイが強く漂う、遊び心などは一切受け入れないアカデミックそのものといった印象。
 これがいわゆる基本道に通じるスタンダードたる由縁だと勝手に思い込んでおります。
 使ってみた印象は、全てが中間、中庸という感じで、これまた実に標準的。
 巻き上げはほんの少しゴリつく感じがあり、けっしてスムースでない。シャッター音はやや軽めでニコンのようなしっかり感はない。ファインダーやピントの合わせ易さは特筆するほど特徴もない。
 依って基本に立ち返るにはこのカメラ以外選択肢はないのであります。
 いまこのカメラを使って日々習練に励んでおります。撮る相手によって絞りを先に決めたり、速度を先に決めたり、はたまたTTLオートを外して当てずっぽうの感露出で遊んでみたりと。
 そうやってシャッターを押すたびにやっぱりカメラはこうでなくちゃ、とひとり満足感に浸っているのであります。

発売年度・価格 1973年 45,000円(ボディのみ)
レンズマウント M42マウント
シャッター

布幕フォーカルプレーン B・1ー1/1000秒

露出制御 TTL開放平均測光(専用レンズ以外は絞り込み測光に切り替えて使用可)
ファインダー クロスマイクロプリズム、50mmレンズで0.89倍、視野率93%
電源 H-D型を1個使用
大きさ・重さ 幅143・高さ96・奥行き91mm 894g (50mmF1.4装着時)
主な特徴 特徴のないのが特徴か。



なにもかも「普通」ですね。
世の中で「普通」でいられることほど凄いことはない。
自分の人生ですら、なかなか普通にやっていけませんから。


かなり使い込まれて、ペイントの剥げやキズ多しだが、機関はいたって快調。
SPシリーズは巷で多く見かけるけど、殆どみなまともに活きていますね。
これも凄いことですね。

 

つがーのさんの報告

 

Pentax SPFを東独ペンタコンのレンズを着けて使ってみました。

カラーネガの自家現像を再開しました。
2年ぶりのことなので、要領をすっかり忘れていて・・・。

梅雨の真っ直中、傘を差しての撮影も結構面白かったです。

1



2 

3

4

5

6

このレンズ、実質30センチくらいまで寄れるんです。購入動機はそのただ一点!

2006.6.24


Pentax SPFをSMC TAKUMAR 50mm f1.4を着けて使ってみました。

SMC TAKUMAR 50mm f1.4 今日は、雨。でもカメラが目の前にあるととりあえず、シャッターを押したい衝動に駆られます。
というわけで、芽吹きだした木の葉に強引に被写体になってもらい、最短距離まで寄ってレリーズ。

SMC TAKUMAR 50mm f1.4 今年もポピーが咲き始めました。この花が咲いた後は、我も我もといろいろな花が一斉に咲き乱れる。
いい季節の到来だ。


SMC TAKUMAR 50mm f1.4+エクステンションチューブ 植物ばかりの作例で、面白くないですね。
本当は、人物スナップを撮りたかったのですが、一眼レフって何となく威圧感があるでしょう。銃器を突きつけているような。
従ってこちらも何となく遠慮してしまいますね。
  

一覧へ戻る