オリンパス-35SP

眉目秀麗、八方美人とは私のことです・・・

 1969年製のオリンパス-35SP、このカメラを愛用している人は未だに相当多くいるようで諸先輩のホームページでも使用記などよく見かけることができます。
 60年代の国産カメラは今となっては傑作といえる機種が各社から生み出されましたが、これはオリンパスが60年代の最後に送り出した力の入った傑作カメラ。
 露出制御は、今で言うところのプログラムAEとLV(ライトバリュー)読みとりのマニュアルそしてフラッシュマチックが使えます。
 勿論ネーミングの元となったスポット測光ができるのが大きな特長。スポット測光はAE、マニュアルのどちらでも作動します。
 明暗差の大きい被写体って結構多くあるもので、露出に迷ったときは強い味方になってくれますね。
 ファインダーは像も大きく明るくて見やすく歪みのまったくない高級なもので、距離計の二重像は今でも非常にクリアー。唯一パララックスを補正してくれないのが残念な点。
 後に出た「DC」にも明るいf1.7のF.Zuikoレンズが奢られているが、これだけの明るいいいレンズを生かすのであればプログラムAEだけでは勿体ないですよね。
 ファインダー上部に表示されるLV値を銅鏡の速度ダイヤルに移行させ撮影していくのはなかなか楽しい作業です。速度と絞りの両リングを同時に回すことで、今で言うところのプログラムシフトができるのでついつい開けようか絞ろうかと真剣に考えながら撮影してしまいます。
 このカメラを使うとき、いつもマニュアルで使っていると自然と目がLVメーターになっていて露出計のないカメラを使った時でも結構カンで露出が分かるようになります。
 
人間の目というのも案外正確に使える露出計なんですよ。 昔はみんな自分の眼球露出計で写真を撮っていたんだから・・・。
 ファンタスティックカメラギャラリーの中村陸男さんがおしゃっているとおり「大の大人が露出ごときでビビるな!」本当にそうです、日中の日向順光なら、ISO100、1/250 、f.11でちゃんと撮れているはず、ましてネガフィルムなら2段位ずれていても広いラチチュードのおかげで、なんとか絵にはなっています。

 ボディに目をやるとファインダー窓右横にフィルム感度調整用の採光窓があります。
 軍艦部右端の感度調整ダイヤルを回しながら、その小窓を覗くと小さな4枚の絞り羽根が巧妙に開閉し採光面 積を変えるのが見えます。こうゆうメカがダイレクトに見えるところも触っていて楽しめるところですね。

 2年ほど前、オリンパスに点検のためメンテに出したのだが、受け取りに対応してくれた50歳代の社員の方がメンテ内容を詳しく説明してくれた後、「これは、いい機械なのでいつまでも大切に使ってください」と思い入れのある表情で渡されたのを思い出しました。
 デジタルカメラの展示場のようになってしまったオリンパスのサービスセンターで、「いつまでもこんな30年前のカメラ使っていないで、早くデジカメに替えたら」という表情を予想していたので、少し意外でオリンパスという会社の物づくりの姿勢をかいま見たような気がしたものです。
 それだけに最近のオリンパスがデジカメ一辺倒の製品ラインナップになってしまったことは残念で仕方ないです。

 この35SPは一言で言って、格好いいカメラ。鏡胴とボディとのバランスが絶妙で、どの角度から見ても寸分の隙もないくらい美しいでしょう。
 特に軍艦部正面 のレイアウトが秀逸。左右が段違いになっていて、ファインダー側が一段下がって、大きなファインダー窓をさらに強調している。このあたりが、カメラ好きの人たちに強くアピールする心憎いデザインで、ついそそられてしまうんですね。


OLYMPUS-35SPの主な仕様
発売年度・価格 1969年 24,800円
レンズ G.ZUIKO 42mm f1.7(5群7枚構成)
シャッター SEIKO FLA No.00  B・1秒ー1/500秒
露出計 CdSメーター搭載プログラムEE及びマニュアル 
画角20度の平均測光と6度のスポット測光が選べる
焦点調節 距離計連動直進繰り出し
ファインダー 採光式ブライトフレーム、倍率:0.7倍
大きさ・重さ 幅129・高さ76・奥行き61mm 600g

 

シャッター速度設定リング端の切りかきがLV表示。
ここにAを表示させ、絞りリングのAを指標に合わせると、
プログラムAEになる。スカイライトフィルターは東芝製。

フラッシュマチックはG.N.40まで使える。
右端の感度設定ダイヤルを回すと、右端の採光窓の中で
絞り羽根が巧妙に動くのが見える。

 

たかさきさんの報告

Olympus 35SPを使ってみました

Konicapan400をミクロファインで標準現像
Nikon Coolscan IVで取り込んだ画像です。


1


2


3


4


5

一覧へ戻る