Mamiya 35EE Super Merit

マミヤ35 EE スーパーメリットの手入れを試みる

このところ、前回の「キャノネット・ジュニア」に引き続きずぅ〜っとリングセレンの、それも焦点距離40@、レンズ口径f2.8のカメラに拘ってやっているンですが、今回の間宮製「EE メリット」は個体数が極端に少ないので入手を諦めていたカメラだったのですが、念ずれば通ず、とうとう、ボクの元にも1台がやって来てくれて・・・・それも、さらに個体数が少ない「マミヤ35 EE スーパーメリット」という距離計の付いてタイプが。

しかし、せっかく距離計が搭載されているんですが、来てくれた個体はその肝心な距離計の二重像がまったくトンチンカンな場所にあってズレまくっています。これでは、どうにも写真になりませんので手探り状態ですが、調整に手を出してみることにいたしましょう。

1
ファインダーを覗くと二重像が上下左右共にズレているのですが、下辺に見える絞り表示指針は光の輝度に反応して元気よく振れるので、正確さは分かりませんが、とりあえずEEでの撮影にも期待が持てそうな状態です。

このカメラは万一、メータが死んでいたとしても速度・絞り共、任意で設定できますからフルマニュアルカメラとしては、使い続けることが出来るようになっていますので、シャッター羽が動いている限りゴミになってしまうことはありません。
こういうところが間宮の拘りというか良心というか、好きなところですね間宮のカメラが・・・・。

距離計調整のためには、まずトップカバーを外しましょう。
よく、トップカバーのことを何でもかんでも「軍艦部」なんて言う人がいますが、バルナックライカなどはたしかにそんな印象もありますが、60年代以降のカメラは軍艦のシルエットなんてないですよね、したがってボクは「軍幹部」という名称は不確実だしあまり好きな呼び名ではないので、終始「トップカバー」と言っています。(すみません、余談でした)
このカメラは矢印で示した5本のネジを外すとパカッとカバーが外れます。アクセサリーシューはホットタイプではないので、コードなども繋がっておりませんから簡単です。

距離計には黒い金属パネルの屋根が2本のネジで止まっていますので、それを慎重に外すと、右写真のように距離計全体が姿を現します。
さて、ズレの調整ですが矢印A(見難くてすみません、黒くてちっちゃなスクリュー)の方が上下用で、Bの方(真鍮製の長いスクリュー)が左右用です。

セットの仕方は、ピントリングを無限遠位置に固定して、ファインダーで出来るだけ遠くのものを見ながら、二重像が一致するように合わせていきます。この調整にはほんの少しのスクリューの回転でもかなり敏感に位置が動きますのでゆっくり慎重にやることがコツかも知れません。
また、シッカリとした重い三脚にカメラを固定しながら調整すると作業がはかどると思います。

これで、距離計の調整は上手くいきました。さて、つぎは製造後45年も経ってしまった(1962年製)セレン電池が本来通りの電気を起こしてくれているのか、さっそくテストしてみましょう。セレン光電池、それも受光面積が比較的に大きく採れるワッカ状のリングセレンはけっこう長生きで未だに元気なものが多くあります。ボクが現役として使っているコニカEEマチック、リコー35S、キャノネットJr、これらすべてが無補正のまま使える状態を維持していますよ。

以下はフィルム感度無補正のEEで写るかどうかのテスト結果です、まったくツマラナイ絵ですがご勘弁を・・・・
早晩、実戦配備になった段階で差し替えますから。


Fijifilm SS 1/250秒 f.8


Fijifilm SS 1/250秒 f.11
これは完全逆光なので、カメラのEEはメータを振り切ってしまっているので
いわゆるAEロックのようなことをしてf.11に止めています


Fijifilm SS 1/60秒 f.22
このカメラ、最小絞りはf.22まで絞り込むことが出来ます

どうやらこの個体もセレン光電池は正常に生きていますね、フィルターやフードなどの
補助物ナシでこれだけ写るので、十分に期待が持てそうなカメラです。


コニカEEマチックから始まったこのリングセレンシリーズですが、リコー35S、キャノネットJr、マミヤ35 EE スーパーメリットと揃ってきたわけで、残るはオリンパス・トリップとミノルタ・ユニオマット3(これだけ焦点距離が45ミリ)、トリップはベストセラーだったせいか、多くのみなさまがお持ちだしweb上でも情報がドッサリなのでパスするつもり、ユニオマット3が相当な難物と思われますが、これも念じて念じて念じまくっていればいつか手に出来る日も来ることでしょう・・・。

しかし、マミヤのカメラってなんで愛称というか機種名がカメラのどこにも表示していないのでしょうね、このカメラも(他もすべて同様)トップカバーの正面左側と上面に「MAMIYA」と刻印があるだけでどこにも「35 EE スーパーメリット」なんて書かれていないんです、不思議だっ。
まぁ、そんなことはともかく、長所がイッパイ(Super Merit)だというこのカメラ、ホントに長所だらけなのか、これから大いに活躍してもらいましょう・・・。

2007.8.14

一覧へ戻る