C35EF3

最高にして最速のスナップシューター
 人が作り出してきた、物や機械には必ず使用目的があって、その目的に向かって洗練され進化していきます。
 航空機やレーシングカーの形態に例を取るまでもなく、目的を一つに絞ったときに思い切った究極の形態が生み出されますね。
 どうも、一つの目的に焦点を絞った物に憧れる癖が私にはあり、車やカメラも昨今流行りのマルチユース(多目的)というのは使っては見るがどうも執着がわかないのです。これは趣味性の問題で、利便性から見たらマルチユースの方がいいに決まっていますから、趣味とは無縁の実用工業製品はカメラも含めてそちらの方へ向かっていくのは仕方がないことです。
 例えば、コンパクトカメラでも一眼レフでも昨今はズームレンズが当たり前になってしまいましたが、使ってみると画質云々はさて置き(そのことが影響するほどいい写真を撮っているわけではないので)何か狡いことをしているような後ろめたさのようなものを感じて気持ちが晴れません。
 趣味としての写真は精神活動の発露としてやっているわけで、その活動を阻害してしまうようであれば使わない方がよいと思うので私はズームレンズを装着したカメラを使わなくなってしまいました。


 さて、このピッカリコニカの3代目「C35EF3」、どう洗練され進化したかというと、C(コンパクト)35の名に恥じない小ささに戻りました。
 ストロボを内蔵したため電池室の拡大やストロボコンデンサーの内装などで初代は大柄になってしまいましたが、コイツは小さくするためのカラクリや工夫が各所に見られて面白いカメラに仕上がっています。
 裏蓋を開けると同時に巻き戻し装置がストンと下に落ち、狭くなってしまった空間にフィルムを装填しやすくするアイデアや、閉めると同時にカチンと音がしてセット位置に戻る所作など作動にメリハリがあり非常に良くできています。
 このカメラ、外見上の最大の特徴はレンズ鏡胴の薄さでしょう。
 焦点距離が35mmまで拡大されてはいますが、なんとボディから12mmしか出っぱっていない。すごい究極のパンケーキ! 
 これだけでも、前作からみれば相当な進化です。
 レンズリングには親切にもネジが切られていてフィルターやフードを取り付けることができますが、あえてこの設計努力を無にしないためになにも装着せず、ペッタンコのまま使用しています。
 写真好きの人は、どこへ行くにも常にカメラは持っていたいもので、私の場合、常時携帯用を目的として購入したRicoh R1sよりも速写性では、遙かにこちらの方が優位(AF特有ののタイムラグで何度もシャッターチャンスを逃している)で、ついつい、こちらを持ち歩く方が多くなってしまいます。
 スナップでの使い方はISO400を装填し、ゾーンマークを3mに固定し、後はなにもせず、フレームだけに集中してパチパチ撮る。
 35mmという準広角の焦点距離なので被写界深度が結構深く、昼間の屋外ならかなり絞り込まれているのでこれで殆どピントがきます。
 これでいいんです、設計者もそうゆう使われ方を想定していたはず。スナップに目的を絞ったらこれほど最強最良のカメラはないはず。スナップの好きな人には絶対お薦めの一台、期待以上の写真が撮れますよ。

 これはもう、可愛らしいデザインだし、小さいし、今の使い捨てカメラの感覚で使いましょう。このカメラを真剣に構えてグゥーと迫るなんて、そりゃ迫られた方も吹きだっしゃうよね。
 が、しかしレンズ周りに縁取られた文字を見よ。このカメラを何と心得る!「HEXANON」は伊達じゃない。
「写るんです」なんて到底及ばないしっかりした写真が撮れます。
 それもそのはず、この外観には不似合いな4群5枚の手抜きのない贅沢なレンズが奢られているのです。

 

裏蓋を開けると巻き上げ軸が下に落ちて、フィルムの装填・取り出しが難なく行える。そして裏蓋を閉じると自動的に巻き戻し軸も上がり、セットされる。このアイデアも面 白いが、機構が素晴らしい。さすが100年の歴史を持つ日本最古のカメラメーカー、裏蓋と巻き戻し機構は全て金属製で意を得た誠意のある設計。
これが、厚さ12mmのパンケーキ。端は2R位 の面取りがしてあり、ポケットにもスルッと入る。しかもしっかりネジが切ってある。こうゆう気遣いが何とも嬉しい。一見プリミティブでオモチャっぽいが、細部にわたってよく観察すると、パーツの一つ一つが熟慮され吟味されていることがよく分かる。写 真を撮る機械としての、エッセンスがギューッと凝縮された一つの進化形。

 


C35EF3の主な仕様

発売年度 1981年
レンズ HEXANON 35mm f2.8 4群5枚構成
シャッター 1/60から1/500を電子式でコントロール
大きさ・重さ 幅116・高さ69.5・奥行き44.5mm  275g
発売時の価格 32,800円(ケース付き)
主な特徴 7色のカラーバリエーションがある。私が持っているブラックが一番つまらない。
電源 単3電池2本使用

 

 

 

 

 

 

 

HIROAさんの報告

 

KONICA C35EF3を使ってみました

1

2

3

4

5

6

トップに戻る

一覧に戻る