樺戸・浦臼神社(発見者:フォレスターさま)
生息地:北海道樺戸郡浦臼町鶴沼(参道は札沼線の踏切を通って階段を上がる必要あり)

 本殿に向かって1.2.3の順で迎えてくれます。因みに1は大正9年、2は台座にありますね。3は不明でした、阿の方の胸に十
字?があります。浦臼町の南側はクリスチャンが開拓に入植してますが、関連は不明です。坂本竜馬の親戚が入植しています。その縁で本山町(高知)と姉妹都市です。2のワンコはウーパールーパーですな。
 さてと次は鳩山神社にでも行きますかね。(フォレスターさま・談)

浦臼神社の狛犬:フォレスターさんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 ★★★(90年はしっかり仕事をしてきたので星5つ)
●狛犬としての個性度
   (1)
       ★★(普通)
   (2)
       ★★★(笑える)
   (3)       ★★★(階段脇でじっと耐えてる姿に+胸の十字)
●癒され指数       (可も無く不可もなく)
●思わず笑っちゃう度   ★★★(2のウーパールーパー(エリマキトカゲ?)は秀逸)
●奉納日 (1):大正9年? (2):大正7年9月
●作者名 
不詳 (2)のみ寄進者:土金 亀之丞
●撮影機材 MAMIYA645AF AF80/2.8 Film KODAK 400TMY2


 長らくお待ちしておりました北のワンコの久しぶりの登場にワクワクしております。今回の浦臼も前(さき)の沼貝にも増して個性派揃いですね!(2)の鬣ワンコも確かにステキですが私は(3)の壁寄りワンコに惹かれました。これは小品のようにも見えますが、吽さんの憂いを含んだ寂しげな表情が堪らなくイイですよ。
 それにしてもあの胸のクロスは何なんだっ、実に思わせぶり、気になるナァ〜・・・・・?!(管理人)


(1)

(2)

(3)

2009.10.26

美唄・峰延神社(発見者:フォレスターさま)
生息地:北海道美唄市峰延町中央

 昭和五十四年九月と彫られています。以外に新しい物でした。顔は勇ましいというか一般的な狛犬ですね。地元の石材店の作品と思われます。(フォレスターさま・談)

沼貝神社木彫狛犬:フォレスターさんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 (威圧感あり)
●狛犬としての個性度   ★★(手彫り末期?)
●癒され指数       (癒されるとは思えない)
●思わず笑っちゃう度   (ソコソコ頑張ってる)
●奉納日 昭和五十四年九月
●作者名 ーーー

●撮影機材 Walz ENVOY M-35 フィルムACROS


2009.5.22

奈井江神社(発見者:フォレスターさま)
生息地:北海道空知郡奈井江町東町1区

 とうとう北の台地・北海道からフォレスターさまが取材に腰を上げて下さいました。まずはその第1弾がコレです。
 さすがにヒグマの本場(?)だけあって、お口の周りのヒゲ痕など「クマゴロ〜」の雰囲気が充満しています。漫画チックでギョロンとした大きなメンタマなど、コチラ関東の狛犬とは大きく特徴がかけ離れていて、私たちには「新鮮」に見えてしょうがありません。
 また、2枚目の阿クンの座り姿勢はサイコ〜ですね、これは癒され度、相当に高いぶっ犬であります。
 しかし、それにしても澄み切ったホッカイド〜の青空が素晴らしっ!

●狛犬としての仕事ぶり度 
●狛犬としての個性度   ★★★
●癒され指数       
●思わず笑っちゃう度   ★★★
●奉納日 大正七年十月十五日
 通常、奉納日は月まで刻みますが、ハッキリ日にちまで刻んでいるのは珍しい!この石工さん、かなり几帳面なひとだったのか・・・・? 最後の締めに「刻々」って、刻んだ石工さんの気持ちが分かりますね、これはデザインスケッチから完成まで、相当に「あ〜でもな、こ〜でもない・・・」があってであろうことが容易に想像できる名品ですねものね。
●作者名 札幌 今井角右エ門・和泉松蔵
●撮影機材 Pentax istDS+FAJ18-35

2009.4.10

美唄・沼貝神社(発見者:フォレスターさま)
生息地:北海道美唄市光珠内南

 とりあえず美唄市内で確認出来た物を追加します。
沼貝神社(美唄市光珠内南)です。木彫の方は???石造は昭和五年九月と彫られていますが作者は?
 昨年の春に訪問した折に木彫は無かったと思います。(フォレスターさま・談)

沼貝神社木彫狛犬:フォレスターさんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 (ただ居るだけ!)
●狛犬としての個性度   ★★★(木彫は珍品)
●癒され指数       (目が気持ち悪い!)
●思わず笑っちゃう度   ★★★(こんなのありか!)
●奉納日 昭和五年九月
●作者名 ーーー

●撮影機材 Walz ENVOY M-35 フィルムACROS

 

 木彫りというのは初めて拝見させていただきました。これはとっても珍しい!床の板のスケールからするととても小さいもののようですが、彫り方も念が入っていて表情も面白いではありませんか、いいなぁ〜・・・これ。
 石像の方は逆光で苦しくなってしまいましね、こんな時は、1段以上開けちゃうかポケットフラッシュが1個あれば、なんとか表情を潰さずに絵に出来ますので、次回はよろしくお願いいたします。(管理人)


2009.5.22

 

狛犬のキモチトップへ