浜松・三社神社(投稿者:dr. poohさま)
生息地:浜松北高校となり

 昼休み、よい天気になったのでスクーターで行ってきました。まずは、わたしが小学3年まで住んでいたすぐすばの神社です。こどものころ、よくこの境内で遊んだものです。何十年ぶりかで訪ねたのですが、こんなに狭かったのかと思いました。(Dr. poohさん談)

三社神社狛犬:Dr. poohさんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 ★(きわめて真面目そのもの、自分をみているようで共感しました)
●狛犬としての個性度   (わたしと同じであまり個性なく、でも見る人が見ればやっぱり個性なく、それが個性だと自負)
●癒され指数       (これで癒される人は幸せでしょう。そういう人はこの写真を自宅に飾りましょう)
●思わず笑っちゃう度   笑うなどと失礼があってはいけません)
●奉納日 ーーー
●作者名 ーーー
●撮影機材 オリンパスE-500 (14〜45mm)

 

 こんなに狭かったのかという実感がよく分かります。ボクも昔。ラジオ体操に行っていた公園に50年ぶりで行ってみたことがありますが、同じような感覚を味わいました。それにしても、評価のご説明が面白すぎます、大笑いしてしまいました!(管理人)


2009.5.20

浜松・五社神社(投稿者:dr. poohさま)
生息地:旧浜松市民会館(現はまホール)となり、とまあ、いい加減だな〜

 続いて第二弾。ここは「五社神社」と言います。さきほどのが「三社神社」で偶然似た名前の神社になりました。ここの狛犬はかなり大きくて、3mはありそうです。
また思ったほどは細かな細工もなく、なにか大陸的な大らかさ、適当に座っていました。台座には「平成元年」とあり、新しいものですね。(Dr. poohさん談)

五社神社狛犬:Dr. poohさんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 ★(大きさといい、どんなものも寄せ付けない風格は大したものです)
●狛犬としての個性度   ★★★(「デヴィルマン」か「超人ハルク」のような筋肉はなかなか個性的だと思います)
●癒され指数       (これで癒される人はいないだろうな)
●思わず笑っちゃう度   笑う不届き者はこの神社でお祓いが必要です)
●奉納日 ーーー

●作者名 ーーー
●撮影機材 オリンパスE-500 (14〜45mm)

 

 これは強烈な狛犬ですね!まず全金属製で大きさが3mというところで圧倒されてしまいます。顔の表情や筋肉などの表現も超立体的で素晴らしい。ここまで完成度が高いと「彫刻作品」として鑑賞しても耐えられますね、お見事でございました。


2009.5.20

浜松・長楽寺(投稿者:dr. poohさま)
生息地:静岡県浜松市気賀7953-1

 浜松の北に細江というところがあり、そこにドウダンツツジで有名な「長楽寺」という寺があります。小堀遠州作と伝えられるこの庭園ですが、あいにくとドウダンツツジは咲いておりませんでした(時期は今頃だと思って行ったのにな〜)で、帰り際に山門を見ると、屋根になんと「狛犬」らしきがいるではありませんか。
 よく見れば「あ」も「ん」も。そしておかしなことに、ふつう狛犬は入ってくるものを警戒して外を向いているのでしょうけど、これは山門の内側の屋根のへりにいて、本殿のほうをにらんで逆立ちしております。山門といっても間口2〜3間ほどの小さなものですから、この狛犬の大きさも40cmほどではないでしょうか。瓦と同じぐらいでしたから見落とすところでした。 (Dr. poohさん談)

 まぁ〜まぁ〜、サイドのたてがみなど風になびかせちゃってこちらのワンコもよく遊んでますねぇ〜・・・!逆立ちしているようなカラダのひねり方など610さま発見の逆立ちワンコに負けずとも劣らないもの凄い躍動感で、これほど見事な瓦飾りは見たことがありません。神田・湯島聖堂の屋根の上にも忠太先生が産み出した邪気よけ獣が乗せてありますが、癒され度・笑える度では断然、この長楽寺のものには敵いませんね。

●狛犬としての仕事ぶり度 ★(かなりきついポーズで頑張ってますが、いざというときの身軽さを評価して)
●狛犬としての個性度   ★★★(文句無しの満点しか考えられません!)
●癒され指数       (興味の点で相当に長い時間眺めていられそうなので高得点です)
●思わず笑っちゃう度   ★★これほど自由に遊んでくれてるんですから、現物みたら大笑い間違いナシでしょうね)
●奉納日 ーーー
●作者名 ーーー
●撮影機材 オリンパスE-500 (14〜45mm)


2009.4.30

 

狛犬のキモチトップへ