千葉の狛犬たち

富津・羽黒神社
生息地:千葉県富津市更和(map

 2011年初夏の頃、ebatom氏と連れ立って、千葉県は木更津から富津方面の探索に出掛けた時のレポートです。日帰りでしたので、朝から日暮れ近くまで十数社をザッと見てきましたが、この地は古いものが無傷で残っているケースが多く、房総半島の突端まではかなりの「名犬」が潜んでいる可能性大とみました。
 今後も機会を作って内房から外房へと探索範囲を広げてみたいと思います。

 トップは富津・上総湊(かずさみなと)の街外れにポツンとあった小社の古犬からご紹介しましょう。このワンコは狛犬といっても威嚇などまったく無縁のニッコリ犬で実に微笑ましい!
 背中を丸め、耳も垂れ、そして口元は誰にでも優しく笑顔で迎えてくれます。
 ボクはこういう癒し系のワンコが大好き! 一目見て気に入りました。一つ気になったのは胸にポッコリとした出っ張りがあるのですが、これは何なんだろう? 奉納者か石工さんの「ワケあり」の感じがするポッコリなのですが・・・・。

羽黒神社の狛犬についての印象
●狛犬としての仕事ぶり度 ★★★(とりあえず笑顔ですが、参道を向いているということで・・・)
●狛犬としての個性度   ★★★★★(笑顔の狛犬というのは非常に貴重です)
●癒され指数       ★★★★(モンク無しにグゥ〜)
●思わず笑っちゃう度   ★★★★(どうしたって、吊られてこちらも笑顔になっちゃう!)
●奉納日 昭和十一年九月
●作者名 
石川仙之介
●撮影機材 ペンタックス Z20P





小さなおヤシロに合せて小振りなワンコですが、その表情や趣きは
作者・石川仙之介さんの一流のノミの冴えを充分に感じることが出来ます。

2012.8.1


2012.8.1