・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・九州以外編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

足尾銅山の神社(投稿者:610さま)
生息地:栃木県日光市足尾町

 足尾銅山は400年前から銅を産出し続け、明治に入って大鉱脈を発見。 鉱山事故や鉱害との戦いでもあったところです。 明治22年に山中に社殿を作り今は廃墟。狛犬は精錬の鉱毒で真黒に変色しています(合掌)。今は訪れる人もない山中で、命を落としていった無数の方々の御霊を見守っています。その意味では特異な役目の狛犬様であろうかと思います。
 まっ黒けワンコ、二体ですがその生い立ち行く末を考えますと前後のいきさつ解説も必要そうなので形態が少し変わってどうかなとは思いましたが・・・・。

 詳しくはすでに私のギャラリーで公表していますが同じ写真はあまり使っていません。 ここに辿り着くには山中の橋が流されたところなどを通らねばいけませんので探検者でないともう誰も行かないところです。(610さま談)

足尾銅山狛犬:610さんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 ★★★★★(溶けながらも頑張っているので )
●狛犬としての個性度   ★★★
●癒され指数       0
●思わず笑っちゃう度   0
●奉納日 明治22年4月 
●作者名 
ーーー
●撮影機材 コニカHEXER


 これはまた、すごいものをお撮りだったんですね。この寂れ具合はあまりにも悲しい・・・・・。
 まさか、毒を含んだ煤煙が岩石までも溶かすとは思えませんが、このワンコたちは背中側の風化が激しいように見えます。
 ぜひ、こちらでも公開させていただき、鉱毒や事故で亡くなられた方々に想いを寄せていただきたいと思います。貴重なコレクションを放出していただき、ありがとうございます。これでなかなかご投稿がありませんでした「栃木県」も埋まりました、そのことでも管理人としては嬉しいです。


2009.8.22

浅草駒形・諏訪神社(投稿者:610さま)
生息地:東京都台東区駒形一丁目4番15号

 浅草は駒形で働いてるワンコ。バンダイ本社の脇の小さな祠のようなところです。 撮影は4月20日ごろの上京した日。 カメラはカシオのコンパクトデジカメ。
 雨の掛からぬところで善男善女の線香に燻べられた飴色していました。 なんと看板の陰で脇に回らないと写せないし縛ったあったひもを緩めてやっと撮影しました。
 お江戸の狛犬らしい装飾なども魅力があり永年の抹香の燻ぶりまで残っているのに縁側に変な置き方されていて写真を撮るために手で看板を立てているでしょ、完全に看板のつっかい棒をさせられていますのでとても可哀想。

●狛犬としての仕事ぶり度 
●狛犬としての個性度   ★★
●癒され指数       0
●思わず笑っちゃう度   0
●奉納日 ーーー
●作者名 ーーー



 さすがにお江戸の下町だけあって、全身に唐草模様など纏っていてお洒落このうえないですね、顔と身体のバランスも良くて手堅い仕事をする名工の作かも・・・・これだけの「名品」にはそれに相応しい台座くらい作って載せてあげないとね。それにしてもコンデジでの撮影だそうですが、フラッシュの光量コントロールがどんピシャですね。(管理人)

 

2009.6.25

根津神社(投稿者:610さま)
生息地:東京都文京区根津1-28-9

 重文にも指定されている山門を守るに足る堂々とした大きさと佇まいは見事なほどで、胸から腕にかけての筋肉など惚れ惚れするほどの仕上げぶり・・・・。
 狛犬とはこうあらねばという見本中の見本のような立派さで、こりゃ参りました!

●狛犬としての仕事ぶり度 ★★★(仕事以外のことは何も考えていないという超マジメぶり!)
●狛犬としての個性度   ★★★(いささかレゲェー調のドレッドヘアーがイカしてます)
●癒され指数       (体育系の人は案外、癒されるのかもしれませんが・・・・?)
●思わず笑っちゃう度   (星の大きさ、半分にしてます、こんなにマジメにやってんだから笑ったりしたらバチあたるかも)
●奉納日 大正元年九月
●作者名 井亀泉 大竹豊吉
●撮影機材 不明


2009.4.23

南房総・厳島神社(投稿者:610さま)
生息地:南房総市白浜町白浜の野崎灯台の下

 千葉県房総半島、南房総市白浜町白浜の野崎灯台の下に厳島神社という神社があります。多分厳島神社の分社ですね。千葉県最南端の灯台の付け根ですから強烈な潮風にさらされて溶けかかっておりました。 ヘリコイド不調でピントがおかしいですが新しいほうは昭和も30年代だったと思います。古いほうはすべて不明。

 恥ずかしながら、とりあえず千葉県を塗りつぶすのが魂胆。(610さま談)

厳島狛犬:610さんご自身の評価
●狛犬としての仕事ぶり度 ★★★★★(溶けながらも頑張っているので )
●狛犬としての個性度   ★★★
●癒され指数       
●思わず笑っちゃう度   ★★
●奉納日 ーーー 
●作者名 
ーーー
●撮影機材 ペンタックスMZ-5 シグマ35-70ズーム LUCKY SHD100


 一瞬、狛犬のミイラが出た!と思っちゃいました。コレはスゴイですね、ホントに潮風の影響なのか、たしかに自分の身を溶かしながら頑張る姿は壮絶です!?!
 2枚目の後の方に見える「犬小屋」風がいかにもこの絵にマッチしていて笑えました。(管理人)

 

2009.6.25

狛犬のキモチトップへ