Aires 35 IIIs

Aires 35 IIIsの手入れを試みる

ファインダーがガチャガチャ
 とっても精密感が漂う端正な顔立ちのアイレス製高級カメラ「35 IIIs」です。手にするとその金属の重みでズッシリと掌に応えます。トップカバーの左端には小型の光電池式輝度計も付いていてその精密感をいっそう盛り上げています。
 さて今回のこのカメラ、レンズ鏡胴部分は玉・幕共にまことに具合が良いのですが、肝心のファインダーに大きな問題を抱えています。まず、ピント合わせのための二重像が大きくズレてしまっていて、何処にピントが来ているのかさっぱり分かりません。もっとも最悪、このトラブルが解消しなくても鏡胴に刻んである距離数値で目測設定は出来ますけどね。でもしかし、これほどの堂々たる押し出しの聴いた写真機を目測で使うのはいかにも忍びない・・・・・。また、そのことに付随した原因のものなのかどうか、パララックス補正枠がかなり右下に寄って沈んだまま固着していてピントリングを廻してもビクとも反応しない、という二つの不具合を持っています。これらの問題、どこまで解決できるか分かりませんが、とりあえず中でどうなってしまっているのか、見るだけは見てみましょう。

1
 まずは、ボクがいじくることで致命的な失敗をやらかして、そのカメラでの絵を見ることなく息の根を止めちゃう事も考えられますので、最初はどこにも手を入れず、距離セットは目測にしてこのままで一度使ってみましょう。
 ついでに露出メーターもピンピン元気に動いていましたのでその精度も確認してみます。



 おぉ〜、よく写りますねぇ、2枚とも露出メーターの出た目のまんま撮ってますが0.5段ほどアンダーかしら・・・・
 これで写真がちゃんと撮れることが分かりましたので距離計の修繕を試みることにいたしましょう。



犬の鼻先まで距離1.2mと読みました

シートの当たりまで距離3.5mと読んでみました

2
 トップカバーを開けるとこんなふうになってました。ファインダーには昔のフジカ写真機と同様の豪華プリズム2個抱き合わせ仕立てです。あっ、ちなにみこの写真機のファインダーは正確な「等倍」で出来ています。うん、これまますますファインダーを元通りに直して使いたいという意欲が湧いてきました。

 黄色の枠で囲ったプレートを外すとパララックスの可動枠が入っています。この枠が底の方でグリス固着により引っ掛かっていたのが原因で不動になっていましたので、軽く洗浄して調整しました。これで1つの問題は解決。

3
 今度は肝心の二重像のズレをなんとかしなきゃなりません。黄色の矢で示したネジがその調整用ですが、これは横ズレをいじるためのネジです。例のごとくピントを∞にセットして、いま望めるもので一番遠くに見えるのもを見ながら合わせていきます。
 慎重に二重像を合わせるも、やっぱり縦にも像が相当にズレてしまっています。
 
 この絵では右上に見えている4隅に切り欠きがあるプレートが「2」で直したパラの補正枠です。

4
 縦位置のズレを調整するのはこの可動ミラーの後に付いている小ネジでやります。こちらはほんの少しの回転角で大きくズレが動きますので、ちょびっとずつちょびっとずつ慎重に廻しながら合わせていきます。
 いずれにしてもご覧の通りの「基線長」のたいへん短い距離計ですので、調整はとてもデリケート。焦らずにゆっくりやることがコツかもしれません。

5
 調整後、ファインダーでの「最短」(80cm)で撮ってみましたがほぼ正確に合っているようです。
 もちろん、トップカバーに付いているメーターも今度は感度設定で+0.5ほどズラしてみましたが、これも良好なようです。
 一番よく使うであろう中間距離もシッカリなピントで、これでまたしばらくは使えそうです。


なかなか男前の写真機ですよねぇ〜
こういうカクカクしているスタイルのカメラ、好きだなぁ・・・・

2009.7.2

一覧へ戻る

 

無料CGIレンタル-NSF