Waltax

 またまた、蛇腹カメラの登場で恐縮です。
 今回は戦後の混乱がまだ続いている最中の昭和22年に発売された岡田光学の「Waltaxワルタックス」です。
 このカメラのルーツは、昭和11年に同社が製造した「ベビーワルツ」まで遡ることが出来ます。
 ベビーワルツは独・ビッケンバッハ社の「ニケッテ」をそっくりコピーしたベスト判フィルムを使うカメラでした。その後、セミイコンタのヒットに刺激された国内各メーカーが競ってセミ判のカメラを出す中、岡田光学もセミ判の開発に着手したようです。
 それが昭和15年に出した「ワルタックス1型」で、今回取り上げたカメラとほぼ同様のスペックを持つカメラでしたが、ファインダーは立ち起こし式の透視ファインダーでした。
 しかし、すぐに太平洋戦争が始まってしまい、1年ほどで製造が中止されてしまいます。
 ということで、このカメラが物資もまだろくに揃わない昭和22年に製造が開始できた訳は、戦前にしっかりした下地があったんですね。


 このカメラの1型との違いは、ファインダーが折りたたみ式のものから筒型の透視式になり軍艦部がスッキリしています。
 また、シャッターもリモート式になり軍艦部右側にレリーズボタンを配置しています。アクセサリーシューも付いていて、これはFP接点を装備したためのものでしょう。
 Bio-Korexと刻印された70mm f3.5のトリプレットレンズには、単層ながらコーティングが施されていますが、製造後60年以上を経て、これはどれほどの効果が期待できるものでしょうか・・・。
 岡田光学とこのカメラはその後4年ほどで幕を閉じてしまいますが、昭和26年に第一光学が「ゼノビア」として後を引き継ぐことになりました。

 余談ですが、昭和の初めから戦後の一時期にかけて、ドイツをはじめ多くの国でこの形式のカメラが作られましたが、名称の頭に「ベビー」「セミ」「シックス」とつくものが多くあります。
 大体は「ベビー」が3×4センチのベスト版、「セミ」と付くと6×4.5センチのブローニー判、「シックス」は文字通り6×6センチのブローニー判を意味しているようです。

2002.12.26

 下の作例は、イルフォードFP4 125フィルムをD-76で標準現像したものを、CanoScan D2400Uでフィルムから直接スキャニングした画像です。

一覧へ戻る