HI-COLOR 35

永遠に飽きのこない秀逸のデザイン
 どうも以前からリコーのカメラが気になってしょうがないんです。
 理由はその造形デザイン。リコーフレックスから始まり最近のGRシリーズまで気にかかるカメラが沢山あります。スペック的には他社のカメラとそう離反はしていないけれど、デザインはどれも明らかに孤立しています。
 この「HI-COLOR 35」もそんなカメラの一つ。

 リコー創立以来、「一つのカメラに一つのアイデア」という社是があると聞きましたが、このカメラの場合はゼンマイ式の自動巻き上げがそれでしょうか。
 そんなことより、この大胆なデザインが凄いですね。
 鏡胴の上からさらに二重丸を描きその中にファインダーをはじめ、露出計測窓や感度設定の採光窓をシンメトリックに配置した造形はシンプルそのもの。
 いいなぁこのデザイン、面白いですねぇこのカタチ。30年以上前のデザイン意匠とは思えないほど新鮮。
 数年前にこのデザインコンセプトをそっくり真似たキヤノンの「IXY」なるカメラも、このオリジナルの先進性には到底及ばないでしょう。
 軍艦部左の丸い電池蓋の上にガラスの切り子細工のような放射状の模様が彫り込んである。これ何の意味があるのだろう?カメラにこのようなデザインの遊び心があるとこが何とも楽しいではありませんか。
 そして極め尽きは、レリーズボタンを支えている何とも中途半端な四角いプラ製の台、カメラの形が大方出来上がってシャッターボタンの按配についてあれこれ錯誤の結果 、この位置に決まりテストすると何となくしっくりこない。それじゃあというので、台を付けて持ち上げちゃおう的、急場しのぎのチープさが唐突で楽しいです。
 写真機というのはキレイに美しい写真が撮れることを第一義とすべきですが、持っていることで楽しくなってくることも重要な要素ですね。
 そういう気分でカメラを持ち歩いているとついつい色々なものにレンズを向ける結果となり、ひいてはその中に面白いカットが含まれているものであります。

 1968年製のこのカメラの基礎となったオートハーフは1962年発売で、もう40年も前のことなのですが、そのオートハーフのデザインの方が更にアバンギャルドで前衛的なことに今更ながら驚かされます。
 その当時、こんなデザインを考えた設計者、その製品化を許可した経営者達は皆カメラに対して相当なハイセンスの見識持ちで、欧米の物まねから始まった日本のインダストリアルデザインは、このカメラのオリジナリティを見る限り昭和30年代にはもう脱却していたのではないでしょうか。このカメラを見ているとそんな思いがします。
 小型に徹したための皺寄せか、ケプラー式のファインダーが凄く小さいんです。接眼レンズも恐ろしく小さく見にくいですね。まあ目測カメラなので見当をつけるだけだから許せますけど。
 電池が生きていれば、1/30から1/300までのシャッター速度を選択してEEによるオート撮影ができますが、電池が無くてもマニュアルで設定すれば撮影は可能。
 巻き上げのためのゼンマイはよる年並みのせいか、筋力パワーが落ちてしまってフルに巻き上げていても7、8枚がいいところ。

 描写について一言、書いておきましょうね。
 この小さなボディと小さなレンズにしては、ちょっと強めのコントラストでハッキリクッキリ凄く良く写ります。特に最短撮影距離での描写はゾクっとするくらい気持ちよく写りますよ。
 ファインダーの見えと出来上がった写真にこれだけギャップのあるカメラも珍しいですね。(この逆パターンのカメラが世の中には多く存在している)
 絞りを開けて撮ると四隅は周辺光量が落ちるのでなるべく遅いシャッター速度を選んで絞り込んで使うといいかもしれません。

右サイドの二つの孔は、上がシンクロコードプラグ、下が三脚取付ねじだ。シンクロ接点はあるのだが、シューはどこにもない。どうやってフラッシュ付けるの。ご存じの方がいたら教えてください。

HI-COLOR 35の主な仕様
発売年度 1968年
レンズ COLOR RIKENON 35mm f2.8 3群3枚構成
シャッター 1/30・60・125・300の4速
大きさ・重さ 幅110・高さ74・奥行き52mm  440g
発売時の価格 15,300円 (ケース\1,300)
主な特徴 ゼンマイ仕掛けによるフィルム巻き上げ。マニュアル設定するのであれば、電池が切れていても撮影可能。

HIRIAさんの報告

Ricoh Hi-color35を使ってみました。

 

ちょっと意地悪をして、強い逆光でのカット。現像が上がってビックリ。
フードも無しでここまでいけるとは思っていなかった。
これは、いいレンズ、発色も私好み。シャドー部も穏やかでいい感じ。
トリプレットの宿命か四隅はかなり省かれる。

調子に乗って、ここまでやってしまった。これはチトやりすぎでした。
「カメラサン、ゴメンナサイ」
デザインも好きだが、描写もややクセがあって大好き。
信濃町の跨線橋から新宿方向を望む。

一覧に戻る