QL-17

一眼の代用、OKです
 オリンパスDC、ミノルタHi-Matic Eと共によく比較されるQL-17ですが、ボディデザインの洗練度ではこのキャノネットが頭一つ抜けているのではないでしょうか。
 鏡胴上の距離計窓左の斜めに切れ上がったキャノネットのデザインで共通 したカットラインが全体の形状に緊張感を与えいかにも高性能を予感させますね。このあたりの垢抜けしたモダニズムはいかにもキヤノン流で現在のEOSやIXYにも脈々と息づいているデザインポリシーです。
 また巻き上げレバーのセンターに配置されたレリーズボタン周りをライカと同じように窪ませたりして何気なく使用感を向上させたりしているところも好感が持てます。黒塗りのものもありますがこのデザインはクロームの方がメカニカル感が強調され精悍で好きです。

 写りに関しては、大口径ダブルガウスの40mm/f1.7レンズが悪いわけがなく最短から遠景まで全く破綻しませんね。
 色味に関しても特定の色が突出したりせず、あくまでナチュラル。それでいて艶があるのだから言うことなし。そしてピントのあったところは極めて先鋭度が高いため非常に立体感のあるクオリティーの高い写 真が出来ます。

 シャッター優先AEのほかマニュアルも使えるので、絞り込みたいときなど自在に設定できるので、いつまでも飽きることなく使えるカメラです。
 カメラの電子化がそこそこ進んだ頃のカメラだが、なぜかシャッターは機械式のものが搭載されているので、マニュアルで使う限りは、電池切れでも撮影を続けることができるんです。このことは、非常に重要で、誰でもいざというときに電池切れで撮影の中断を余儀なくされた経験があるでしょう。

 荷物を少しでも小さくしたい旅には一眼レフの代わりにいつもこのカメラのお世話になるんです。

 しかし、この大きさにしてこの重量(620g)。首に負担がかかるほどではないが、結構重いですよ、今の基準ではアンバランスに思えるほど。
 写りとは関係ありませんが、シャッターや巻き上げの感触、パララックスの自動補正など作りが細部にわたって丁寧で使っていて飽きることがありません。こういうのを名機って言うんじゃないでしょか。


Canonet QL-17 G-IIIの主な仕様

発売年度・価格 1972年 29,000円
レンズ 40mm f1.7(4群6枚構成)
シャッター COPAL製機械式 X・B・1/4秒ー1/1000秒
露出計 CdSメーター内蔵、シャッター速度優先EE
焦点調節 フォーカスリングによる距離計連動直進繰り出し
ファインダー 採光式ブライトフレーム、パララックス自動補正
大きさ・重さ 幅120・高さ75・奥行き60mm 620g
主な特徴 キャノネットシリーズの最後期機種であり、最高級機    

 

QL-17のQLとはQuick loadingのこと。金属部品で複雑に組み上がっているクイックローディングのメカユニット。この仕組みが開発されたおかげで、フィルム装填の失敗が激減しましたね。 せっかくの名機なのに、このプラスチック製のチープなケースはそぐわないでしょう。使い勝手は悪くないが、金属カメラには、やはり革ケースが一番良く似合うのでは・・・。

 

たかさきさんの報告

2001.10.19


Canonet QL-17を使ってみました。

1

2

3

4

5

一覧へ戻る