Konica C35

コニカのC(シー)

 私自身、コンパクトカメラに関しては「コニカC35EF3」が最高と褒め称え続け、今もその思いは変わっていません。この傑作機(私だけが勝手にそう呼んでいるだけで世間では認めてくれないかも・・・)が誕生するには、その礎になったカメラや技術があってこそで、いきなりあのような傑作機が生まれ出たわけではありません。
 そこで今回は「C35EF3」の真の親というより今日のコンパクトカメラの大元の元「C35」のオリジナルモデルを使ってみることにしました。
 本来なら先ずこのカメラのお話をした後に後続モデルのことを語るべきなのですが私の場合、例えばEF3がいいとなるとその次モデルのC35AFには発展せず、逆にその前のピッカリコニカの方へと好奇心がどんどん逆流するクセがあってこのような次第になってしまうんです。
 このカメラの誕生の経緯については、書籍やweb上でたくさん語られてあなたもご存じの事と思いますのでここでは割愛します。
 ただ、私的には「ローライ35」起因説はどうもすんなりとは納得がいきません。いくら何でもローライ出現後、たった1年でこのような完成度でカメラが作れるとは、到底合点がいきません。
 先ず、ライバルを良く研究し、特許を避けつつそれ以上の機能を盛り込みコンセプトを立ち上げ、設計します。
 更に設計試作を繰り返し完成度を高め、金型制作や量産試作等で不具合を煮詰め、商品化となりますが、どう考えてもこれだけの仕事を1年で達成できるとは思えないんですね。
 このカメラは1968年に誕生しましたが、4年前にオリンパスペンの大ヒットで追随して出した「Konica EYE」がベースになっているのは確かです。縦横寸法はほぼ同じ、レンズ焦点距離の関係で奥行きだけが5ミリほど長いだけです。たまたま時代の要求というかタイミングがローライ35と重なったのではないでしょうか。

 C35の語源となったコンパクトさについては、この1号機から非常に良く煮詰められていて、全く無駄な空間を残していません。 フィルム室の切り詰め方なんかはもう目一杯、パトローネのフィルム出口から2ミリも行くともう撮影面になってしまうほどです。
 また軍艦部を開けてみても距離計・露出計・巻き上げ機構が寸分の隙間なくギッシリ詰まっています。それでいて機能的にはほぼフルスペック(距離計・AE・フラッシュマチック・セルフタイマー等)を達成しているんですから、これは凄いカメラですよ。 またレンズ部を開けてみると解りますが、このカメラのレンズはユニットごと全群移動してフォーカスを合わせる上等な方式が使われています。どこまでも手抜きや妥協がない素晴らしい作りです。
 そして肝心の使い勝手ですが、これが至ってスムース!何らの抵抗を全く感じることなく実に自然に使うことが出来ます。
 最初の1カット目からもう10年以上使い慣れたカメラのごとく操作できます。ここがこのカメラ最大のミソです。
 撮影していても小さくした為のコセコセ感をあまり感じませんでした、不思議ですね。ローライ35はミニマムリミットの点では確かに究極であることは異論がないのですが、決して使い易そうとは思えませんね。(ローライファンに怒られますね)
 それでもムリに粗を捜すとすれば、フォーカス時にピント環を握るようにすると指でファインダーを隠してしまう事くらいでしょうか・・・。
 当時コニカはこのカメラを余程の自信を持って世に問うたのでしょう。そのことがこのカメラのロゴから察することが出来ますね。「KONICA C35」と記されたロゴの「C」をご覧ください、他の文字より2回りも大きく記されています。非常に小さく造ったが完成度は高いんだよ、ということを如何にも自信たっぷりに表現していますね。
 このカメラから始まるC35の歴史は1984年の最終機「C35 EFP2」まで21年間に及ぶ一大ヒット商品になりました。

 もし、あなたがこのカメラを使ってみようするならば、ぜひ露出の面白さを楽しんでみてください。
 このカメラにはメーター押さえ込み式のAE露出計が搭載されています。ファインダーでピントを合わせそのままレリーズしてしまってもそこそこの写真は撮れるのですが、更に高度な使い方もできます。
 それはテーマとなる被写体をファインダーのセンターで捉えシャッターボタンを半押しするとそこでメーター指針が押さえ込まれ露出が決定できます。その様子はファインダー右辺にメーターが表示されていますので視認できます。(更に正確を期すのであれば、被写体にギリギリまで近づいてそこでシャッターを半押ししてしまいます)その後で距離をとりフレーミングすれすれば、被写体の露出はバッチリ綺麗に決めて撮ることができます。今で言うAEロックというやつですね。
 更に感度設定ダイヤルまで併用すれば露出に関しては自在にコントロールできるというわけです。こんな面白い遊び方ができるのもこのカメラならではですね。

 というわけで、元祖C35も非常に良く出来たカメラでとても気に入ってしまい間違いなく常用カメラの仲間入りです。
 こうなると「EF3」がベストと言い切ってきた自信がぐらついてきます。そこで次のように使い分けることにしました。
 速写重視の人物スナップには圧倒的に目測が有利なので「EF3」。
 少しゆったりした気分で作画を楽しみたいときは、この「C35オリジナル」でと。
 全て不動のジャンクを購入したためコスト的には3台合わせても4,000円少々なんですが、何か贅沢な気分だなぁ・・・・。
 因みに、このカメラは2台ともシャッターが不動だったのですが、両方共に油脂による羽の固着でした。たまたまかもしれませんが、2台とも同じ原因でしたので、C35はここがウィークポイントかも・・・。
 もし、シャッターが固まったC35を見かけたら拾って上げてください。レンズユニットは簡単に外れますから、後はベンジンで2、3回洗浄すれば元気に動き出します。
 今回は多くの諸先輩がカラーで美しい作品を発表されていますので、敢えてモノクロで構成しました。
 作例は「KONICA PAN400」をD-76で標準処理の後、Nikon Coolscan IVでネガフィルムを直接スキャニングした画像です。

2003.1.22


白は初期型、黒はフラッシュマチックが付いた後期型


C35EF3との大きさ比較、フラッシュ内蔵でこのサイズはやはり立派


距離計が実にコンパクト、使える隙間は全て利用ギッチリ詰め込んであります


1

2

3

4

たかさきさんの報告

トムさんの報告

2006.1.22

一覧へ